お届け時の注意点

フラワー電報はどんな場面にも対応することが出来る、お祝い事にはぴったりの電報です。ですが送る相手やタイミングによっては、逆に迷惑となる可能性がありますので、お届け時にはこのようなことに注意をしましょう。

まずは、送る相手は花粉に対してのアレルギーが無いかどうかなどを確認しましょう。ある特定の花にのみアレルギー反応が出てしまうという方も多く、生花の場合はダイレクトに影響を受けることも少なくありません。せっかくのお祝いの品で相手を苦しめることにならないためにも、花のアレルギーが無いかどうか聞いておく必要があります。

次に、お届けする場所によっては、生花が迷惑になる可能性があります。例えば、お祝いの食事会をしている場に、匂いのきつい花を使った電報が届いた場合、食事が台無しになる恐れがあるでしょう。また、電車や車で持ち帰ったりする場合、生花が人にぶつかり、ボロボロになる恐れもあります。相手の持ち帰りの手間や、どの場にお届けするのかもよく考えた上で、電報を利用するようにしてください。

また、自宅へお届けの際には、事前にフラワー電報を送った旨を伝えておかないと、人がいないタイミングで届き、配達員が持ち帰ることでボロボロになるというケースも少なくないため、気を付けましょう。

金額は花で決まる?

フラワー電報はその名の通り、お花を使って作られる電報です。お店によっても異なりますが、テンプレートで用意されている商品の他にも、個別依頼で、望んだ花を使って作成できる電報もあります。使われる花の種類によっても当然、電報の金額が異なりますので、事前に料金の確認を行うようにしましょう。

お店によっては、金額いくら以内で作ってほしいというオーダーを出すと、花束と同じように、フラワー電報を作ってくれるお店も少なくありません。お店によって対応範囲は異なりますが、数百円から作ることが出来るものもあれば、数万円かかって作ることが出来る超大作もあります。送る相手、送るタイミングによってもオーダーの内容を変えて、その時にぴったりの商品を作成してもらってください。

また利用する花だけではなく、サイズや電報の量によっても、当然金額は異なります。オリジナルオーダーを受け付けてもらえるかどうかもお店によって異なりますので、事前に問い合わせをして確認をしましょう。テンプレートから選んでしまった方がある程度早く作成できると同時に、金額の目途も立ちやすいので、まずはテンプレを確認してください。どうしてもこだわりを持ちたい場合のみ、オーダー商品を検討しましょう。

結婚式にもぴったり

フラワー電報にはこのように、場を華やかにする効果や、インパクトを与える効果が抜群です。その為、様々な場面に重宝され、相手にメッセージを伝えることが出来るでしょう。例えば、フラワー電報はこのような場面で利用をされることが少なくありません。

まず、結婚式などのお祝いの場です。結婚式は華やかであればあるほど良いという傾向がありますので、シックな華やかさを加える生花のフラワー電報はぴったり。新郎新婦のお好きな花、結婚式の雰囲気、伝えたいメッセージに合わせたフラワー電報を用意する方が多いでしょう。次に、卒業祝いや入学祝、定年祝いや還暦祝いなどの、人生における節目の場面のお祝いごとに最適です。大人から子供まで、生花のフラワー電報はどの場面にも合い、ピッタリといえるでしょう。親御さんからお子さんへ、おじいさんやおばあさんからお孫さんへはもちろん、お子さんから親御さん、おじいさんおばあさんに送るということも少なくありません。相手やタイミングを選ばずに使うことが出来るのが、フラワー電報の大きな特徴です。

このように、様々なお祝い事の場面で利用することが出来、人を選ばないのが、フラワー電報のメリットといえるでしょう。

参考HP≪ボックスフラワー電報で大切な人へ想いを届けます|レペトワール

お祝いにぴったり電報

結婚式や誕生日など、お祝い事の際には、お祝いの品を送る方は少なくないでしょう。直接会ってお祝いを伝えることが難しいという場合、重宝されているのが、電報です。メッセージを伝えることが出来る電報には様々な種類があり、華やかなもの、シックで大人らしいものまで、様々なタイプがあります。その中でも、老若男女関係なく、お祝いの種類も選ばないで使えるのが、フラワー電報です。

近年様々な場面で取り入れられているフラワー電報。お花を使って作成する電報で、生花を使って作られるタイプもあり、様々なお祝い事の場面に花を添えています。生花には様々な種類がありますので、その人に合わせたお花、イベントにぴったりのお花を使うと、より特別感を出すことが出来るでしょう。

お値段はピンキリで、利用する花、花の量、電報の量、その他装飾品やサービスによって異なります。依頼をすることが出来るのは、フラワー電報の取り扱いがある電報ショップ、お花屋さん、ネットショップなどがあげられます。お花屋さんに依頼をするという方も多く、近年、お花屋さんでも取り扱いが増えてきているでしょう。ある程度テンプレートが作成されており、テンプレートを依頼することが出来る場合も少なくありません。

その場その場に合わせた雰囲気の電報を送ることが出来る、フラワー電報。一気に場を華やかに彩ることが出来、インパクトも抜群ですので、お祝いごとに導入されることが増えています。